FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリッシュテイストの唱歌・・・

カタン-cotton- カタン-cotton-
みとせのりこ (2007/05/23)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る


子供合唱団でも声楽でもない、
お部屋で心地よく聴けるトラッドPOPとしての唱歌。

美しくノスタルジックなメロディーと歌詞はそのままに、
今回は唱歌ライヴでもご一緒させていただいてきたアイリッシュハープとアコーディオンのユニットRivendellのおふたりと、
日本 meets ケルトの和洋を融合させたトラッド風味に。

また、その他のアレンジャーにはZabadakの吉良知彦さんや、
kircheの相棒井上くん、弘田佳孝さん等をお迎えして、
マニピュレイトや多重録音などみとせらしい要素も散りばめ、
唱歌の持つ風景や季節、それぞれの世界観をよりイマジカルに
拡大したみとせ的唱歌をお届けします。


ジャケットはみとせが長年ファンだった鳩山郁子さんに描いていただいております。

細かな装飾まで全て描き下ろしていただいて、
みとせ個人としてはこのパッケージとブックレットのためだけにでも是非お手に取っていただきたい!と思う、
小さな宝石箱のような仕上がりですよ~。

以上、ご本人サイトより紹介文をいただいてきました。

唱歌もアイリッシュの伝統音楽も好きな私としては
か~な~り!気になります。

鳩山さんのジャケットもさすが~♪


cotton.jpg

自分だけのためにあるなんでもない大切な日に

乙女日和 日々の暮らしの音楽手帖 乙女日和 日々の暮らしの音楽手帖
オムニバス、フォア・フレッシュメン 他 (2005/05/18)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


ジャンル、時代を問わず
ひとくせある乙女のために集められたオムニバスアルバム。

かなりセンスのよさそうな感じで、とても気になります。

ノスタルジアに包まれたメランコリックヴォイス

ヤン・ティルセン&シャノン・ライト / シャノン・ライト ヤン・ティルセン、シャノン・ライト 他

アメリの音楽を手がけたヤンティルセンのノスタルジックな音楽に、
シャノンライトの、落ち着くきれいな女性の歌声が
とてもキレイに合わさった名作のCDです。

ぼんやりとした孤独に包まれたいとき、
私はいつも、このCDをかけます。

tag : アメリ サウンドトラック

ビターチョコレットのようなとろけるハスキーボイス!

No PromisesNo Promises
Carla Bruni (2007/01/22)
Naive
この商品の詳細をみる


先週からの、私のお部屋のヘビーローテーションがこの曲!

お出かけ中に、偶然、タワーレコードの視聴でめぐりあった
このNo Promisesは、まったく予備知識なしに、ジャケットが可愛くて手にしました。

基本的には、スウィートボイスの可憐で透き通った高い声のアーティストが好きなので、
POPにある「とろけるようなハスキーボイス」とあるから、
私の好みではないかも・・・・。
って思いつつ、再生を待っていたのですが、おお。。。。!
初めてめぐり合いました!
ホント。おすすめPOPどおりの、とろけるようなハスキーボイスがここにあります!

ハスキーな声なのに、とろけるような甘さがある歌声と曲。
ジャケットのとおり、真っ白のレースのワンピースをきて、
お気に入りののものに囲まれてゆっくりすごすのにぴったりの曲!

私がタワレコで買ったお値段より、アマゾンのほうが安いので、
ぜひぜひ、気軽に聞いてみてください。
甘すぎないスウィートさがお好きな人には、きっとお気にめすと思います♪

↓デビューアルバムはこちら☆

Quelqu'un M'a DitQuelqu'un M'a Dit
Carla Bruni ()
Naive
この商品の詳細を見る

マカロン色の世界を彩る賛歌

マリー・アントワネットマリー・アントワネット
サントラ、スージー&ザ・バンシーズ 他 (2006/12/13)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細をみる


いよいよ公開始まりました「マリーアントワネット」!







愛らしい色使いの高級な小物たちが、私の欲望を刺激する魅惑の映画(笑)

見る前からすでに、かなりのお買いものに影響がでています・・・(笑)

マカロン色のお部屋がほしくなってしまいますね♪


なんと、映画の写真集がでていると、お友達のサイトで教えてもらいました!
↓↓↓
Marie Antoinette


実は、本日、見てきたところです!
「マリーアントワネット」

ヴァージンスーサイド

ヴァージン・スーサイズ ヴァージン・スーサイズ
ジェームズ・ウッズ (2001/02/02)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る



で、期待しすぎて、少し、がっかりだった私は、
ドレスとお菓子とお靴と、大好きなベルサイユ宮殿が見れたら
それで満足・・・・
という、とても謙虚な姿勢でいったのですが、

もう・・・・っ。
マリーアントワネットの愛らしさ、かわいらしさ、
少女の可憐さと気丈さを持ち合わせたキャラ設定に、
最初のあるシーンでやられまして、
そのあと、ず~~っとうるうる涙目で観賞しました。
・・・・そんなヤツは私だけかしら?

淡々としていて物足りないとか、
え?もう終わりなの?とか、いろいろ言ってたのを聞いたけど、
私には、まったくもって、そういう感触はなし!
このマリーを悲劇で終わるのは後味が悪いな~と思っていたので、
終わり方の絶妙さには、脱帽!すばらしいっ。
淡々としている・・・?かな?
この役のマリーのあちこちに見え隠れする女の魔性と少女のけなげさ。
なぜわからんか?!
淡々としているところが、なお、いいとさえ思います。



本来堪能しようと思ってた、ドレスもお菓子も、お城も、お靴も、
気分を盛り上げてくれたのは、確かだけど、
私は、見事にこの作品の「マリーアントワネット」のけなげさに
ほれ込んでしまいましたねぇ。。。。。
めったなことでは、ほれ込まない私ですが、
ほれ込んでしまったら、もうまっしぐら(笑)

どれもこれも、あれもこれも素敵でした!(笑)

ぜひ、劇場で見ることをオススメします


DVD化が決定したら、メールで教えてくれるというサービス受付中!
↓↓↓

マリー・アントワネット (監督 ソフィア・コッポラ)

続きを読む

プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。