FC2ブログ

フリーペーパーに寄稿。

mari.jpg

フリーペーパーに文章を書かせてもらいました。

自分が参加する前から大好きだったというペーパーです。


あんなに一生懸命考えて、
何度も読み返したのだけど、
文章的におかしいところや、
いつもの癖の、長々すぎる一文。
なんとなく逃げのある言い回し。

反省するべきところはたくさんです。

でも、一生懸命考えて書いたからこそ、
反省できるのであって、
この反省を糧に、また、いつかどこかで書かせてもらえたらいいなぁと思います。

私の載っている
いただいたので、きまぐれに商品と一緒に同封してみたり、
暑中お見舞いとして送ってみたりしようと思っています。
もちろん、店頭で配布したり、お世話になっているお店にも設置をお願いしたりしています。

興味のある方は、お声をかけてやってくださいね。


本当はの紙面上で、
他の方の文章や紙の感じ、
編集のKさんたちの想いも合わさって味わっていただきたいのですが、
皆様にお渡しできるとは限らないの、追記。の中に
寄稿した文章を添えます。


修正したいところも、あえてそのままに。

でも、できればを見てやってくださいね。

(以前、アリスのレタァでお便りくださったA様には、お送りするつもりでいます。
もう少し、お楽しみに待っててくださいね♪)



「繊細な糸で丁寧に編まれ、長い時間を経たレース、
くたくたに色褪せたベルベットのりぼん、
誰かの祈りを受け止めて角が擦り減った革表紙の聖書、
気泡をたくさん含んだどろんとしたガラスの瓶、
それらの世界の住人となるメランコリックな少女人形

一般的ではないそれらの品々が静かに美しく並び、
少女だった頃に大事にした小さなときめきや想いを呼び覚ますようなお店がしたいと長く夢みてきました。

しかし、その夢を語ると、
多くの人が世の中はそんなに甘くない、
うまくいくわけがないと、
数々の助言をくれました。


常識的な助言は私の信じる世界を不安に陥らせるには充分な説得力があり、何度も挫折しました。

それでも完全に諦めることができず、月日だけが過ぎていきました。

時間が過ぎるほどに不安は大きくなります。

このままではどうしようもないと思い、正面から向き合いました。

漠然とあった大きな不安は、具体化するとひとつひとつはとてもシンプルで、
少しずつこなしていけば、なんとかなる。

そんな気がして、最初の課題にかかろうと決意した直後、
不思議と周囲の反応が変わり、ありがたいご紹介で運命的な物件にまで出会えました。

そして、今は小さいながらも店舗を持ち、理想の空間を目指して、楽しく試行錯誤しています。

不安で潰されていた時期に考えていたことは、今思えば甘いところがたくさんありました。

あの頃に無理矢理始めていても、今のようにはいかなかったでしょう。

思い通りにいかないことのほうが多いのが人生ですが、
自分の考え方次第で現実は変えられるということを学びました。

今も日々の中で新たな不安はありますが、
ひとつひとつと丁寧に向き合い、想いは実現できると信じて生きていこうと思っています。」

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク