FC2ブログ

あと少しだけしか 一緒にいられない場所へ

今にも雨が降り出しそうな梅雨時期のある6月。

線路の向こうにあじさいが花盛り。

070704.jpg




070704_1.jpg


初めて通る道なのに、懐かしい。

私の住む町は、フツウの地方都市なので、
線路は どんどん高架になってしまい、
歩く風景の一部として見かけることは、
少なくなってしまった。

高架の下にはありがちな大量商品のショッピングモール。

なんてものよりも、こういう風景のほうが
よっぽど贅沢なのに。

070704_2.jpg


ここから見る風景がとても好き。
アメリが石投げをしていた、あの風景を思い出す。

070704_3.jpg




目指していたのは、ココ。

070704_4.jpg




お気に入りの定番はバナナケーキとアップルティー。


070704_5.jpg


温かい紅茶にほっとして、いつもの店内に安心する。


070704_6.jpg



さようならが 決まっているこの場所で 
ひとりで飲むお茶は少し寂しかった。

かつて、毎週のように ここでお茶をして
そのときは必ず ひとりと決めていて、
大事な時間をすごしていたという人を知っています。

彼女のことを思い出してみました。

彼女は、今は ここにはもういません。

そして、この場所もなくなります。


時は移り変わるのですね。
いくら愛していようとも。

でも、それが人生というものなのでしょう。



・・・強引にいえば、関連図書・・・

この喫茶の案内は載っていませんが・・・

東京おさぼり喫茶 東京おさぼり喫茶
(2001/12)
交通新聞社
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク