FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少女」とはなにか。

「乙女」「少女」「ガーリッシュ」
といった単語が、ひとつのキーワードして氾濫している今、
自分の中でもやもやとしている、
「乙女」と「少女」という言葉の定義を
あいまいにふわふわふわと、
感覚的に楽しんでいるのも心地よくて好きだったのですが、
もう少し、しっかりとしたいな、と考え始めました。

「少女」という言葉を考えるとき、
よく話題にでる、尾崎翠の第七官彷徨を読みました。

世間の常識に惑わされずに、
自分の中に硬質で透明な推奨のような「信念」のようなものを、
心の奥底に秘めた少女「小野町子」が、
世間を批判するでもなく、
甘んじて迎合することもなく、
淡々と独自の感性で暮らす様は、
見事なひとつの「少女」の世界を描き出していると
私は、とても感銘を受けました。

名作「第七官彷徨」の文章は、
もったいないので、一部引用もひかえたいと思いますが
私が図書館で借りて読んだ「アップルパイの午後」の版に同時収録されていた作品
「嗜好帳の二、三ページ」には、
こんなにときめく一文がありました。

「何しろ私はどろどろなお粥の国に生まれ合わしたものですから。
そして、(多分ここらが変態なのか)
頭の隅っこにでも、
せめて菱形くらいな詩を欲しいものですから。」

ふわふわでやわらかくって、心地よいものが愛しい一方で、
昔 読んだ澁澤龍彦が、たしか、マニエリスムについてかなにかで
言っていたように、
幾何学的で、冷たくて、硬質なものが愛しいと感じる。

雑貨でいえば、
手触りのいい細い細い綿の糸で編んだ繊細な仏蘭西レースと、
濁りと気泡の入った、冷たい薬瓶を並べたくなるような。

どちらか一方では、完成されなくて、
両方のものがそろうから、完成されるような世界。
それを、たやすく「かわいいものと毒♪」なんて
いいたくないような、傲慢でいんちきな、
でも、自分にとっては、大事な感覚。

そんな感覚を、見事に言い表すような、
なんとも好みの一文で、手帳に書きとめて、
時折、眺めている次第。

でも、この作品は、今、手ごろに手に入れられる本には
収録されていないみたいで、ちょっとザンネン・・・・

今、手に入るのは

↓名作「第七官彷徨」はこの集成(上)に
収められているようです。

尾崎翠集成〈上〉 尾崎翠集成〈上〉
尾崎 翠 (2002/10)
筑摩書房
この商品の詳細を見る






こちらは、少し、後期の作品みたいです。
初期作品であり、一番好評のシリーズ「小野町子」シリーズは
収められていないとのことです。



尾崎翠集成〈下〉 尾崎翠集成〈下〉
尾崎 翠 (2002/12)
筑摩書房
この商品の詳細を見る


自分だけのための、大事なひとりのお休みのときに。

もしくは、現実と向き合うときの、心の支えに。

自分の中の空想を、たっぷりと大事にしたいときに、
ぜひ、読んでみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。