スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央線文学と称していいと思う。

洒脱な感じではなくて、
古めかしい店内で、1970年代に思想を持っていたような親父が
世間からひっそりと身を隠すようにして、やっている
昔ながらの古本屋さんがとても好き。

そして、そういう親父が書くようなエッセイが、
これまた、好き。

そんなライターの代表者とも言える岡崎武志の本、
中央線をうろうろしている最近、とても読みたくなるのです。

決して、いい本屋さんが知りたいとかいうためではなくて、
中央線での空気とぴったりのテンポの文章が、すごく落ち着くから。

気まぐれ古書店紀行 気まぐれ古書店紀行
岡崎 武志 (2006/02)
工作舎
この商品の詳細を見る



『本屋さんになる!』 書店・古書店を独立開業するためのアイデアとノウハウ 『本屋さんになる!』 書店・古書店を独立開業するためのアイデアとノウハウ
岡崎武志+CWS (2004/07/14)
メタローグ
この商品の詳細を見る



読書の腕前 読書の腕前
岡崎 武志 (2007/03)
光文社
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト
プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。