スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大好き」なこと。

お正月exhibition後も、なにかと忙しくしています。

眠る間も惜しんで頑張って動いているのだけれど、
今日こなした仕事より、
やるべき仕事のほうが増えている気がするのは気のせいかなぁ。。。。

あせってもロクなことがないので、
とにかくやるべき仕事を雑念なく
地道にやるだけです。

*

ブログ更新を楽しみにしてくださっているかた、
作品到着のお知らせをくださったかた、
お返事が遅くなっていたりしますが、
すこしお時間くださいませ。

*

先日、阪急百貨店の打ち合わせ後、
そのあとの打ち合わせと、
乙女屋店舗での仕事、
夜のお約束。。。
の間のわずかな時間。

久々に中崎のお世話になっているお店にすこしご挨拶まわり。
ご近所のお店には、いろいろと教えてもらったり
元気をもらうことばかり☆
嬉しいご近所づきあいです。

新しくOPENしたninoさんのお店もお邪魔したりで、
中崎がどんどん楽しくなっていくのを再確認できて、
とても嬉しい時間でした。

今まで、ご紹介できなかった、
大好きな喫茶店があります。

100120utena.jpg

うてな喫茶店さんです。
(TEL 06-6372-1612 住所 大阪府大阪市北区中崎西1-8-23
上記サイト 食べログさんの営業時間情報は古いです。
現在・月曜と火曜日がお休みで、13時~20時の営業です)

100120uten1.jpg

なんといったらいいのかなー

とにかくとにかく溺愛の喫茶店。

いつもお客様がたくさんいらっしゃるので、
店主様にご紹介していいかどうかお伺いできなくて、
今日まで来てしまいました。

「うてな喫茶店」に出会って・・・・
約2年かしら?

ほかにはない、独特の「喫茶店」の世界を作っている
関西には珍しい、心地良い緊張感と距離感のあるお店。

100120utena1.jpg

店主のすばらしいセレクトの本たちもあります。
販売はありませんが、読ませていただけると思います。

わきあいあいとした、ブックカフェに需要があるのはわかりますが、
私が、喫茶店に行きたいとき、というのは、
誰かと向き合いたいときではなくて、
ひとりになりたいとき、
本当の自分と向き合いたいときに、
現実も時間も忘れてトリップさせてほしくて行くことが多い。

何度行っても感激できる一流のサービスと、
(なにかをしてもらうというサービスではなく、
そっとしておいてもらう、というのも込みでのサービス)
その空間にいることで、背筋を伸ばしたくなるような、
心地良い緊張感と、
はじめて入った人も、いつも来る人も
同等に楽しめる空間と時間。

大袈裟に言えば、市民が集い、憩いと安らぎを求める教会のような存在が、
私にとっての喫茶店かもしれなくて、
そういうときに、安心していけるのが、
この「うてな喫茶店」さんなのです。


100120utena12.jpg

何度か通ってはじめて、
店内が私と店主様だけになる時間がありました!

かかっている音楽もとても素敵だったので、
ちょっとお尋ねしてみたら、
店主様が教えてくださるには、

ファーンドルフファーンドルフ
(2008/09/17)
ハウシュカ

商品詳細を見る


だって。

やーん!これって、セラフィムさんが以前、サイトでご紹介していて、
気になっていた音楽じゃない!

なんだか、遠くにいるセラフィムさんと、
こんなところで意気投合したような気持ちになって、とても嬉しい。

The Crying LightThe Crying Light
(2009/01/20)
Antony and the Johnsons

商品詳細を見る


このジャケットは!!!!

と、お伺いすると、やはり舞踏家の大野さんだとおっしゃる。

レコードをかけていただくと、この音楽もとても素敵!

(落ち着いたトーンの男性のボーカルの音楽。
雨の日に聞きたい感じの、オトナな雰囲気。
私は大好きでしたーーー!)

マネッコしておうちでもききますー

と、アーティスト名を教えていただく。

うてなさんも大野さん、お好きなんだとか☆☆☆

やーん!嬉しい☆嬉しいな!
でも、やっぱりね♪


なんて、そんなことがとてもとても嬉しかったりする。

なんだろうな、久しぶりに、
すごくすごく嬉しかったのでした。

ちなみに、セラフィムさんで、明日からSALEが始まるそうです!

直営のお店と、セラフィムサイトのみのSALEです。

→→→SERAPHIM

悩んでいたものがおありになるかたは、
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

乙女屋でお求めいただけたら、
非常に非常にありがたいのですが、
乙女屋で預かっている分に関しては通常定価になってしまいます・・・・

ごめんなさい。。。。。

通常定価分、私に出来ることがあれば、教えてください(涙)。

10012osera.jpg

余談ですが、もう春物が並び始めていますね!
先日、待ち合わせと待ち合わせの間に、
ちょっと寄ったお店で春物新作を見ました。

SALE期間なのに、どうして定価のものしか買えないのでしょうね~

効率の悪い生き方をしているなーと思うのですが、
どうしても可愛かったので、うっかり買ってしまいました。

で、それが、セラフィムさんのガーゼ羽根JSKに重ねると、
めちゃくちゃ可愛かったので、悶絶している私です。

ちょこっとだけ試着させていただいた画像☆

(お目見苦しくてすみません)

100120sera1.jpg

下に着た、サックスのレースワンピ♪
このワンピを別のブランドさんで買ってしまったデス。
もしかして、ガーゼJSKにコーディネイトすると可愛いのでは?!
と思いついての試着。
やっぱりかわいいー。
このJSKはぜったい黒のほうがいい!と思っていたのだけど、
別色とコーディネイトすると白もかわいいかも。。。

流行を取り入れつつも、使い捨てみたいにデザインされたお洋服と違い、
セラフィムさんのお洋服はワンシーズンを過ぎても
いろいろ発見があって楽しいです。

うっすらサックスが見えるガーゼ羽根ワンピの上に、
高橋千夏さんのシルクの水色コサージュとか合わせたら、
めちゃくちゃかわいいんちゃう~ん♪
と、うきうきしているのですが、
こんな格好でおでかけできるのは、まだまだ先なので、
とりあえず、汚さないうちに、ささっと脱ぎました。

久々に更新したかと思ったら、
入荷ではないのに延々と失礼いたしました。

1月22日(金曜)と23日(土曜) 14時~19時 
店舗営業します♪

ご来店お待ちしています☆

いろいろお知らせがあります☆
***告知***
◆◇更新しました→イベント情報◇◆
◆◇更新しました→PARTY情報◇◆

*

はじめてブログを見てくださった方は、
ぜひ、お買いものサイトも覗いてみてくださいね☆

お買いものサイトは→http://otomeya.ocnk.net/

*

*ブログランキングに参加しました*
ご協力いただいているおかげで、かなりランキングが増え、、
とても感謝しています。でも、今日もお願いします!(懇願)







スポンサーサイト

まじめに書こうと思ったのに・・・・

WEB対応の和風FAIRも完了しました。

いつも見てくださったり、気に入っていただけてオーダーくださるかた、
ありがとうございます(ぺこり)

おかげさまで、すでに売約なのですが、

090617.jpg

とてもかわいい氷コップがありました♪

メロングリーンがレトロで可愛くって、
ちなみに、こちらの出所は中崎町内のとあるかたからの初出し物♪

私は、いままでよくブルーにご縁があったので、
グリーンは初めてで、きゃ~!と喜んでいたのでした☆

骨董に興味を持ったのは、成人すぎてからでした。
身内、周囲は、まったく無関心でしたので、
そんな世界がこの世界にあるとさえ知らずに育ってきたのです。

氷コップの存在を知ったきっかけは、
今はなき、神保町の喫茶店「李白」さんで。

rihaku.jpg

薄暗い店内にぼんやりと照らされた、カフェオレの入った白い文様の硝子のコップ。
添えられた季節のゼリー?(寒天?)
それまで描いてきた喫茶店の概念を覆されました。
どうして、なにもかもがこんなに美しいのだろう。
ひとかけらでもいいから、あの美しさの秘密が知りたい。
そう思って、あの日から、いろいろな硝子に目を向けたり、
陰影礼賛を改めて読み返したり、したものでした。

勇んで、こんな本も買いました。

氷コップの夢世界氷コップの夢世界
(2001/07)
高橋 岳志

商品詳細を見る


久々に読み返してちゃんと記事を書こうと思ったのに、
たはー。蔵書管理がまったくなっていませんね。
置いていると思っていたはずの場所にありませんでした・・・・。
すみません・・・

それはそれは美しい氷コップたちが全カラーで紹介されている本です。

美しい文様の様々なコップたちは、
はぁ・・・と溜息でうっとり・・・・です。

本を買った当初、いつかはひとつ、いいものを手に入れたいな~とぼんやり思っていましたが、
ニセモノとホンモノの区別をつけられる自信を持てないうちは、
手は出さないでおこう、とおもうと、永遠に修行中のままかなぁ。という気がします。

ニセモノの心配がないプレス成形のものは、
出ててきても、まだ可愛げのある価格なので、
出会えばついつい買ってしまいます。

愛らしい形、魔法のように魅力的な古い硝子、
このコップのもつ浪漫にゆっくりと浸っていると
日本だって、可愛い、愛しい・・・・という気持ちになります。

美しいモノって、やっぱり宝物☆

気に入ってくださって、嬉しいです!ありがとうございます♪

090615_2.jpg

*日本の可愛い!を感じる初夏の和骨董FAIR WEB対応完了*
今回のFAIRは即売なので、順次縮小中ですが
6月いっぱい店舗でも開催中です♪
ぜひ、遊びにいらしてくださいね☆

和風FAIR WEB対応完了です!→→乙女の和骨董

090612_13.jpg

*6月店舗情報*
6月は毎週水曜木曜定休
6月21日(日曜)臨時休業です。
6月12日~和風展示会 順次即売になります。


通販お買いものは→http://otomeya.ocnk.net/

*ブログランキングに参加しました*
応援してくださる方、お手数ですが、下をクリックしてください!
乙女屋存続にお力添えくださいませ!



乙女屋 厭世。

なぜでしょう。

遠征と書きたかったのに、厭世とでてしまった。

でも、そんなもんか??と思ったので、タイトルはそのままに。



今日は、遠征に行ってきました。


収穫、もろもろあり。
嬉しいな。


大好きな大好きな
今の私がある原点みたいな喫茶店が、やめるかもしれない。
なんておっしゃる。

ここがなくなったら、生きていけない!

といったら、いえ、生きていけます。
お水と空気と、少しの塩があれば。

といわれてしまう。
それくらい、あたしは、まだまだ甘えているということ。


でも、どうせ、あたしは、偏狭にしかいきられない。
本当は、辺境って書きたかったのに、偏狭ってでてきた。
なんだか、今日は、ヘン。
辺境から切り裂くあの人からいいお返事もいただいたことだし、
今は、まだまだだけど、少しずつ、頑張ります。

そんなことを思って、今、帰宅したばかり。
久々の遠征はいろんな意味で収穫が大きかった。

あたしの原点の喫茶店も、少し先になるかもしれないけど、
必ず、紹介します
残してもらいます、この世界に。
そのために、今日、今からも、働きます。


大好きで、大好きだったのに、
なくなってしまった中野の名曲喫茶「クラシック」が
高円寺にルネッサンスというお名前で復活していることをおしえていただきました!!

次、ぜったいいきます。

高円寺は、大好きな町。
ネルケンもあるし、水津さんも住んでいる。

東京に行くためにも、まずは頑張って働かなくちゃね!

ルネッサンスさんのことを書いている記事を見つけました!


高円寺 ルネッサンス


こんな時間なので、携帯からメールをいただいているお客様への返信は明日の朝にします。
夜遊び人でごめんなさい・・・・。

凝縮されていく・・・時間

お休みをいただいていた3連休。

念願の金田アツ子さんの個展にお邪魔してきました・・・♪

070720.jpg


原画を見るのは初めてでしたが、
油絵の少女の肌の質感は、透明感があって、
とてもキレイで、胸がきゅぅ~んてしました。

宵待草の玄関の前に少女がたたずむ大作のタイトルは「サンクチュアリ」。

私が 宵待草に感じていたことだったので、
自分の中の気持ちとリンクして、さらに涙目になってしまいました。

個展の初連休であるうえ、
二階で蚤の市をやっていたこともあり、
さらにはランチタイムも重なって店内はすごい人。
お昼間は一度 お店をでて、夜に再度訪問することに。


夜の宵待草は 初めてだったのですが、
とっても素敵でした。
ああ・・・・これだな。
って思いました。


あと、何度 見ることができるだろう・・・
この 愛らしい看板。

0707201.jpg


この 照明の温かさ。
手書きの硝子の文字。

0707203.jpg



扉を開ける。
いつも・・・一番 会いたい人に久しぶりに会う瞬間のように
どきどきする。

0707204.jpg


店内には ぼんやりとしたあたたかい光。
ミントグリーンの木の壁のあたたかさ。
人の影が とても美しく映る漆喰の壁。
そこに飾られた 少女の画。
壁際で本を読む女性。
画を眺める 別の一人の女性。

今まで知っているどの宵待草の表情でもなかった。


自分というものを大事にする人々によって守られた
あたたかさのあふれる 特別な空間。

そこで、自分というものに向き合っているかのような
素敵な人々。
なにも語らないのに、そういうものが伝わってくる

さようなら・・・さようならと
たくさんの人が訪れるお昼間と違い、
ひっそりと、当然のようにそこに静かにある空間。
この場所が、もう なくなってしまうなんで、
信じられない。


その日は とても蒸し暑かったので、
木苺のアイスティーをいただいた。
とてもおいしかった

この味も、浸れる空間も、
もうどこにも存在しないものとなる。
いつの日にか、記憶の中で凝縮された一つのかけらにすぎなくなる。
そう思うと、今 この時間をすごすということが
なんと大事なことであるかと、身にしみて感じた。

でも、思ってみれば、宵待草が存在する今、この日であっても、
私はそこにいないし、あの時間をすごすことはできない。

時間というものは なんともはかなく
はかないからこそ、大事なのだ。
ということを、とても感じた。

どのような場所で、どのような人と、
どのようなことをしてすごすのか。
そのとき、何を思い、その先、どんなことを行動するのか。
そのすべてが一瞬だけのこと。
そう思うと、いろんなことを もっと大事にしたいと思った。


宵待草で今回 私が思ったことは そのようなことでした。

0707205.jpg


テーブルの上のお花たち。
見えにくいけど、真ん中の鉢には 
金魚のオブジェが浮かんでいました。


**金田アツ子さんの 「宵待草」での最後の個展です**
お近くの方は、ぜひ 行ってみてください。

公式サイトなどはございませんので、
こちらの情報を参考になさってください。

◆会場◆ カフェ 宵待草 OPEN11時~21時
〒181-0001 三鷹市 井の頭3-31-16
電話0422-48-8162

◆会期◆2007年7月15日から7月31日(火曜)

京王井の頭線 井の頭公園駅下車 すぐです。

変わらないことの大切さについて。

久しぶりにその駅に降り立ってみて、

なんだか様子が違ってしまっていて
どちらに降りていいのかわからなくなってしまう。

やっとのことで、商店街を見つける。
ここまできたら、少々店が移り変わっていても、
迷うことなく、行くことができる。

それほどに、私は、その場所を愛している。


070614.jpg


その町に住んでいても、知らない人もいる。

それくらいひっそりと、そこにいてくれる。

気がつけば5年ぶりくらいなのに、
なにも変わらずに、そこにいてくれる。


070614_2.jpg



扉をあけると、別の世界。

異国情緒というのとも違って、
流れる時間、色、音、空気。
何もかもが、他ではであうことのできない唯一無比のもの。

070614_3.jpg


花にたとえるなら、時を忘れたドライフラワーがよく似合う。

お茶にたとえるなら、ロシアンティー

似合う本は、70年代の、小難しい文章ときれいな装丁の古書。



だけど、決して気取っていなくて、
でしゃばることもしなければ、
卑下することも、もちろんなくて、
毎日のなかの、ほんのすこしの、贅沢な日常。


そんなこの場所、この人に、どうしようもなくあこがれるのです。


東京喫茶店案内―ぼくの伯父さんのガイドブック 東京喫茶店案内―ぼくの伯父さんのガイドブック
沼田 元気 (2002/04)
ギャップ出版
この商品の詳細を見る





プロフィール

◇乙女屋◇

Author:◇乙女屋◇
お人形遊びをテーマに、美しくロマンチックな世界を愛するセレクトSHOPを運営しています。ぜひ、遊びに来てください♪
実店舗もあります♪

ここをクリック!

ブログランキングに参加してます♪
下のバナーをクリックしていただくと、とても嬉しいです!
お手間かけますがよろしくお願いいたします♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。